歯間ブラシやデンタルフロスで歯周病予防

2013-07-29

歯間ブラシやデンタルフロスで歯周病予防
歯間ブラシやデンタルフロスで歯周病予防2013年7月27日の朝日新聞で、歯間ブラシやデンタルフロス(歯間掃除用の糸)を使って歯垢を除去するコツが紹介されていました。
歯垢は粘着性が高く、歯ブラシで歯の表面を2〜3回磨いただけでは取り除くことができません。

2005年のサンスター社の調査によれば、歯ブラシだけでは歯垢は61%しか除けなかったが、フロスを併用すると79%、歯間ブラシ併用だと 85%に高めることができるそうです。
日本歯科大東京短大歯科衛生学科の野村正子准教授は「歯周病は歯磨きと歯間ケアで十分予防できる。歯茎の状態や隙き間の大きさ、部位などによって フロスと歯間ブラシを使い分けると効果的」だと語っています。
野村さんは、歯は一生の財産なので、年に一度は歯科衛生士の指導を受け、自分の口の中の状態をチェックして下さいとも語っています。

配信 Willmake143


札幌市中央区北4条西4丁目1ニュー札幌ビル8F
TEL:011-207-8866

Copyright (C) 2011 Canal Dental Office All Rights Reserved.