薬も手術もいらないめまい・メニエール病治療

2012-02-29

薬も手術もいらないめまい・メニエール病治療難聴や耳鳴などの症状を伴うめまい発作を繰り返すとメニエール病と診断されますが、調査をするとメニエール病の患者さんの特徴がはっきりと表れるそうです。

「患者さんはもともと、周囲の期待に応えたいという資質があって、自分を抑えて、仕事や家事との両立や介護を与えられた状況の中で何事にも熱心に取り組みます。
自分で進んでやっていることなので普段はそれをストレスと感じることもありませんが、無理を重ねて不眠症になることもしばしばです。
しかし自分の努力が報われず、周囲からの高い評価や感謝の気持ちが得られないと報酬不足の状態になります。
この状態が長く続いたり、さらに多忙で心労が重なったり、トラブルが発生したりした時、ストレスに耐えられなくなって身体症状―めまいや嘔吐や難聴が誘発されると考えられます」

こう書いているのは、慶應義塾大学医学部助教授や東海大学医学部教授を務めた後、めまいメニエール病センターを開設した高橋正紘先生です。
角川SSC新書として2012年1月に出版された「薬も手術もいらないめまい・メニエール病治療」の本の中からその一部を紹介しました。

配信 Willmake143


札幌市中央区北4条西4丁目1ニュー札幌ビル8F
TEL:011-207-8866

Copyright (C) 2011 Canal Dental Office All Rights Reserved.