イソフラボンと口腔疾患

2012-01-31

イソフラボンと口腔疾患
Functional Food 16号(2011年10月発行)の「食品と疾病」という特集の中で、“イソフラボンと口腔疾患“についての論文が掲載されました。

イソフラボンは、歯周病の予防、抗がん作用、口臭予防、ドライマウスなどの改善に効用があるそうです。

また、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が低下し、不足している状態においては更年期症状を緩和する一方で、女性ホルモン過剰状態においては、乳がんに対して抑制的に作用すると書かれています。


イソフラボンと口腔疾患 イソフラボンは、大豆やレッドクローバーなどマメ科の植物に多く含まれています。日経ヘルス2011年12月号で紹介された「ショウガ豆乳」などの飲み物は、イソフラボンを摂取しながら体がポカポカと温まるため、寒い冬には女性の味方になりそうです。


配信 Willmake143


札幌市中央区北4条西4丁目1ニュー札幌ビル8F
TEL:011-207-8866

Copyright (C) 2011 Canal Dental Office All Rights Reserved.